<< 自律させてくれよ | main | 春休みに包まれて >>
後厄を抜けて
お久しぶりです。新年あけてそろそろ一ヶ月。今年もトリプルファイヤーをよろしくお願いします。
いまさらですが先月のライブと年明けの話。

先月は特に年末ライブにも呼ばれず、23日に2010年のライブを締めました。

12月20日はパラダイス企画。2ステージ制でいっぱいバンドがでました。しかしこの2ステージ制、タイムテーブルが無理をしすぎていたせいで、その歪みを僕たちはモロに食らってしまったのです。トリプルファイヤーが演奏を開始したとき、僕らのステージにはお客さんはゼロでした。3〜4曲目には普通にお客さんはいましたけど、まさかネストで観客ゼロで曲を演奏するとは思ってもいませんでした。笑い話っちゃあ笑い話ではありますが、ネタでは許されないことがたまにはあります。僕はこのことは流石にアウトだと思います。誘ってくれたのはありがたいですが、企画主としては失格でしょう。

ただ嬉しいこともありました。

この日に対バンしたバンドの中に、その昔まだライブ活動を始めたばかりの頃に対バンしたバンドさんがいました。とっても褒めてくれて、成長を感じることができました。それは本当に嬉しかったです。


次は23日にグッドマン。かなり久しぶりにグッドマンにでましたが、この日はお客さんもたくさん来てくれたし、新曲以外は良いライブができたかなと思います。その新曲も只今絶賛手直し中。
対バンは個人的に対バンしたじかったバンドのねずみバンドとできて願いがかないました。ただ残念なことにねずみバンドは活動を休止してしまったようです。その前にできてよかった。もっと評価されてほしいバンドが歩みを止めてしまうのは悲しいことです。


そしてその後すぐには帰省し、実に2007年の年末以来に実家で年を越しました。

実家の九州の大分も年末の寒波の影響で記憶にないくらい寒かったです。湯布院は大分と思えないくらいの雪でした。


このときは湯布院に住む友人を送り届けるドライブの予定が、道路が凍結していて車が立ち往生するなどで大変でした。ただ困っている僕らを近隣住民の方が助けてくれて、寒波を吹き飛ばす温かみを感じることができました。ありがとう南由布駅前に住む人。

さらに実家では旨い食い物と酒が振舞われ、地元の友人達と旧交を温めてきました。

実に10年ぶりくらいに会った小学校の同級生や、成人式以来に会う高校の同級生などと飲んだりしました。あれが昔話に花を咲かせるというやつでしょうね。楽しかった。年末くらいは実家に帰るのがいいですね。忘れてました。故郷というやつは本当にいいもんですね。

みんなしっかりとした大人になっていて、音楽をやってるなんてとても言えませんが、それも仕方のないこと。僕はまだまだバンドがやり足りないのですから。


そして最後に僕がメタリカを教えてしまったせいでメタルをこよなく愛する青年になってしまった、中学からの友人で、アダ名はズバリ「メタルくん」という奴の写真。彼はこんな鋭角なシェイプのギターを持っていながらなんと高校教師です。日本の未来は鋼鉄色ですね。


それでは今日はこの辺で。
カテゴリ:diary | 23:20 | comments(0) | trackbacks(0) | -
スポンサーサイト
カテゴリ:- | 23:20 | - | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://lm402.jugem.jp/trackback/145
トラックバック