<< 臭いものにはフタをするべきか否や | main | 小男の総身の知恵も知れたもの >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

カテゴリ:- | | - | - | -
働く男 もとい働き過ぎな男(今回から口語体)
 だいぶご無沙汰をしておりました。仕事に終われブログを更新出来なかったのです。

先月はクソほど働いて(働かされ)、スタジオもままならずかなり鬱憤が溜まったし、予定していたことも色々と出来なかったりして本当にストレスフルだった。でもそこから色々と思うことがあったのはそれなりによかったんだと思いたいところ。優先すべきものがはっきりさせることができた。頑張って打ち上げだけに顔をだしていたりしていたけどやっぱり自分はライブしかしたくないんだなと確認できた。本当に今さらであるが頭でなく心で理解できた。変にやりたいことが多いのも生きる上では不都合なこともあるんだあねえ。俺がおかしいだけなのかもしれないが。


先週は静岡でライブをしてきた。ボストン、タコボンズはいつも通りカッコよかったが、静岡の豆尖がとってもよかった。またみたいな。東京以外でやるとこういう出会もできるから世のバンドは遠征をするんだな。来年は九州や関西、東北やらにも行ってみくなってきた。


静岡でライブをしてきたけど、忙しく練習も出来ず、高められた演奏が出来なかったのがとても悔しい。見てくれた人や呼んでくれた人にはとても感謝しているが、ライブに対してもっともっとシビアにストイックにならなきゃダメだろうと自分で思った。4人になるときにあれほど強く思っていたのに、仕事についた途端にこれじゃあダメダメだな。これは人っ子一人いないネストだろうがどこだろうが変わってはダメなことのはずだ。

ただ、頑張ればいいわけじゃあない。基本的に大多数の、星の数ほどいるであろうバンド達は頑張っている(俺らも含め)。ただそれだけで満足はしたくない。バンドとしてカッコ良くなりたいし、極論を言えば頑張ってなくてもカッコよけりゃあ勝ちなのだ。「よく戦ったからじゃない…彼らは勝った、ゆえに今、そのすべて…人格まで肯定されている…!」とカイジの利根川も言ってるいる。全くもってその通りだ。こんなバンドをやっといてなんだが、ルサンチマンとか、葛藤とかなんか無くたっていいのだ。ただカッコよけりゃそれオッケーだ。

中学生の頃弁論大会という自分の考えを披露する学内作文コンクールみたいのがあったが、その時にクラス代表やら学年代表になるのはだいたい決まりきった内容のモノばかりだった。主なテーマは「私がイジメられていた時の話」。おれは教師に「イジメられた経験を書かないと(代表に)選ばれないんですか?」と聞いたが、納得する答えは帰ってこなかったし黙殺された。全くクソたわけな大人である。
勿論心を打つものもあったし俺の作文は中二病な内容で文章もゴミだったから選ばれなかったのはわかるが、いじめられっ子に花をもたせるなら人権週間にでも思う存分もたせてやれよ。純粋な自身の意見/意志の表明という場は一体どこにあるんだろうねえワトソンくん?



決して暇ではないが、忙しさのピークも過ぎて12月はバンドに仕える時間が増えそうで何より喜ばしい。12月はライブ三本!

12/9(金)@新宿JAM  ※25:00スタート
虫よ、集まれ!
w/KMC プラズマ/THE BAKERS/Mogeha-e.p.Factory/トリプルファイヤー/DIVE/ブギウギ/37A

12/17(土)@高円寺UFOCLUB
"オトリプルファイヤー企画 「シャレになんないBooBeeMAGIC」"OPEN 18:30 
otori/トリプルファイヤー/クリトリックリス/PRAHA DEPART/worst taste

12/18(日)@高円寺スタジオDOM
w/カミイショータグループ/サーティーン/アンダースローバレリーナ/我々/サカシマ/Emily Likes Tennis/スカート/暫定的にノーパン(宙に浮いた扁平足)/トリプルファイヤー/ファンタスタス

2011年は以上を以て終了。どこかで見てくれたらうれしいです。

それでは今日はこの辺で

カテゴリ:diary | 23:50 | comments(0) | trackbacks(0) | -
スポンサーサイト
カテゴリ:- | 23:50 | - | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://lm402.jugem.jp/trackback/158
トラックバック