<< ド汚い成都の底から | main | 謝辞ひでき >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

カテゴリ:- | | - | - | -
三寒四温の合間合間に
 

三月になった。春はどうしてこうもエモい気分になるのだろう。花粉症の人はキツくてそれどころじゃないだろうが。

26年も生きてりゃ四季ごとに楽しいことも悲しいこともあったはずなのに、春の空気はどこまでもエモさをブーストしてくる。


そんなエモい季節の三月頭に地元に帰省してきた。友人の結婚式に出席するためである。

新郎とは中学のころからの付き合いで、俺がメタリカを薦めたせいでメタル好きな青年になってしまった。今は数学教師をしている。ちなみにあだ名はズバリそのまま「メタル」である。


式はよかった。いろいろな「営み」が見えて感動した。


彼の両親・妹とも顔なじみで、随分とお世話になった。彼のお母さんは高校卒業後に俺が東京に行くと聞いて泣いていた。俺は幸せなやつだ。

どちらの家族方かはわからないが、親族と思しきおばあちゃんが二人の姿を幸せそうに見ていたのが印象に残った。
彼はこれから幸せな家庭を築き、何十年か先、孫の披露宴でこのおばあちゃんのように笑顔で笑っているのかもしれない。

式に出るまで忘れていたが、メタル君は俺が上京するときに一緒についてきて、渋谷(だったと思う)の楽器屋で憧れのザックワイルドになるべくギブソンのレスポールカスタムを買っていったことを思い出した。
ギターを買ったエピソード自体は忘れていたが、そのあと下宿先の笹塚に向かうために彼と駅で別れたことはすごく覚えている。
それから自分は東京で一人孤独な浪人生活を始めるのだが、人生でも一番孤独だった時期。友人との別れや挫折なんやかんやを三月はその中に仕舞っていて、一年に一度日干しをするのである。その物置から引っ張り出された記憶は、見ることによって花粉よりも多大なダメージを自分に与えてくる。

この別れ以降も彼とは連絡をとり続け関係が途切れることはなかった。ああして式にも呼んでくれた。その縁だけは大切にしていこうと思う。


メタル好きなだけあって、彼はYG(ヤングギター)が大好きだった。三四年は欠かさず買っていたそれらを今は全て自炊し、彼のYGはデジタルデータとなってパソコンに取り込まれたらしい。
あのアホみたいな太い弦を張った黒いレスポールカスタムはまだあるのかな。俺はこれからも楽器屋に行きライブをしていく。メタル君と彼らの一族に幸あらんことを。


そんな花粉又はエモさに苦しむ三月であるが、トリプルファイヤーはライブ強化月間。


今週末、もとい明日は土曜がスナックポス子@池袋Org、日曜は初関西遠征として大阪でライブしてきます。

土曜の池袋はちょうど一年前のオルグで我々を見てトリプルファイヤーのスレイブと化した、カリスマバンギャ・ポス子さんというあばずれ姉ちゃんの企画にお呼ばれしました。ただSOLD OUTらしいです。初企画なのに売り切れってすごい。面子もいいし気合が入ります。
ちなみにポス子さんはあばずれではありません。

3/11 (日)
大阪・南舟場 地下一階 presents 「ZEPTONIA企画」 
w/ZEPTONIA/灰緑(東京)/家出少年(神戸)/他

初大阪は久々に灰緑とやれて楽しみ!うまいもんをたらふく食って帰ってくる所存です。奇跡的にこのブログをみて行きたいなと思った方は連絡ください。

そして来週の土日もライブ。


3/17(土)@三軒茶屋HEAVEN'SDOOR  
ソコラノグループpresents「DOYADO?」vol.1
トリプルファイヤー/太陽民芸/東京梁山泊/TACOBONDS/ソコラノグループ


3/18@新宿nine spices 
逃亡くそタわけ企画「くそたわけたちの逃亡」
チケ代/1500 op17:00 
w/逃亡くそタわけ/she might be swimmer/1000 pounds/kooreruongaku/凹/踏み絵サンダルス

企画に呼ばれるありがたさよ。どれもこれも鋭く意志を感じさせるアクトにしたいです。


告知というものは瞬間的なものと思っていたので基本的にトップ記事以外には書きたくなかったけど、気にせず自由にしていこう。こういう軽い気持ちのほうが気軽にブログを書けるようになる気がする。

というわけで今日はこの辺で。
カテゴリ:diary | 23:20 | comments(0) | trackbacks(0) | -
スポンサーサイト
カテゴリ:- | 23:20 | - | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://lm402.jugem.jp/trackback/163
トラックバック