<< コールドスリープからの目覚め | main | 十年一昔 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

カテゴリ:- | | - | - | -
ten years from now
GWも終り、五月病真っ盛りな今日この頃。暖かくなりビールが美味しい季節となった。

ここ数ヶ月忙しかったので家でゆったりとビールを飲むのが非常に落ち着く。

しかし最近個人的に忙しいのは、なにもバンドだけのせいではない。

そろそろ30歳になろうというに、車の免許を取りに行き始めたからである。

自分は九州は大分出身であるが、その地元ではこの歳で免許を持っていない人間というのは非常に珍しい。
大分と言わずとも、地方出身者には想像が容易いであろう。
たかが車の免許であるが、そういった周りの環境のため、免許を持っていないということで「自分は大人になりきれてない半人前ではないか?」と肩身の狭い居心地の悪さを感じていた。

そんな疚しさにのような感情と共に、常に頭の片隅では「そのうち免許取らなきゃなあ」と大学の頃からずっと思っていた。
頭の中では思いつつもずっと後回しにしていたが、今年ついに免許の取得のために重い腰を上げたわけである。

就職してしまいバンドもそこそこ忙しくなってきたのになぜ今更かというと実は年齢に関係がある。

あまり知られていないようだが、自動車学校の料金は30歳で値上がりするのである。
自分はなぜかこの情報を昔から知っていて、去年の暮れくらいから「今年免許取らなきゃ値上がりするな」という気持ちが強くなってきたのである。

そのため一念発起しついに動き始めたのであるが、これがなかなか大変である。
自分はそこまで不器用な方ではないという自負があったが、びっくりするくらい運転技術が向上していかない。
最低限はできてはいるとは思うが、自分の思うままに向上していかないのに驚くばかりである。
年齢のせいだけではなく、バンドも仕事もしているという時間的にも余裕がないのも関係しているのであろう。

ドラムもそうであるが、若いうちにできることはやったほうが本当にいいのだなと痛感している。

なんでこんなことを思ったかというと、先日のクリトリックリストの2マンでアンコールでオアシスのdon't look back in angerを演奏したからだ。
この曲は高校時代に友人とコピーしたのだが、ライブ録音を聞くと当時よりはマシになっているとはいえ、とてもあれから10年後の演奏とは思えなかった。反省と研鑽の決意表明である。

若人よ、練習は大事だ。頑張りましょう。それでは今日はこのへんで。
カテゴリ:diary | 23:33 | comments(0) | trackbacks(0) | -
スポンサーサイト
カテゴリ:- | 23:33 | - | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://lm402.jugem.jp/trackback/175
トラックバック